兵庫県明石市社協。事業案内、ボランティア団体一覧、相談事業の紹介。
社会福祉法人 明石市社会福祉協議会
社会福祉法人 明石市社会福祉協議会
〒673-0037 兵庫県明石市貴崎1丁目5-13
明石市立総合福祉センター
  TEL 078-924-9105 ・ FAX 924-9109
社会福祉協議会とはQ&Aから情報を探す交通アクセスお問い合せ


共同募金

2018度 赤い羽根共同募金運動への
ご協力をお願いします!!

赤い羽根共同募金とは??
赤い羽根共同募金は、民間の運動として終戦直後の昭和22年(1947年)に、住民が主体となった取り組みとしてスタートしました。
当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に支援する活動としての役割を果たし、その後は、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律のもと、民間の社会福祉活動を支えるために活用されてきました。そして、赤い羽根共同募金運動開始から70年がたった今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、住民のつながりづくりを支え、やさしさ・思いやりを届ける運動として、取り組みを進めています。

2018年度 赤い羽根共同募金運動が始まります!!

今年も、10月1日から赤い羽根共同募金運動が全国一斉に始まります!
明石市でも2018年10月1日から2019年3月31日までを運動期間として様々な活動を進めていきます。

2017年度の赤い羽根共同募金への協力のお礼

2017年度の赤い羽根共同募金は、自治会・町内会を初め、民生児童委員、各職場、地域の事業所、学校などを中心に、17,116,403円の募金にご協力をいただきました。
また、歳末たすけあい募金は、自治会・町内会を中心に、2,246,009円の募金にご協力をいただきました。
このうち約75%が明石市内で取り組まれる様々な福祉活動に配分され、約25%は県内の社会福祉施設などの支援に配分されています。
みなさまのあたたかいお気持ちに感謝申し上げます。ありがとうございました。

2017年度の赤い羽根共同募金配分金の使い道

2016年度にみなさまにご協力をいただきました赤い羽根共同募金の使い道です。 2017年度赤い羽根共同募金 配分実績報告(PDFデータ)

2018年度 赤い羽根共同募金運動目標額と内訳

2018年度も2017年度同様、20,873,000円を目標に運動を進めていきますので、みなさまのご協力を、よろしくお願い申し上げます。
<目標額の内訳>  2018年に予定している取り組みの概要です

高齢の方のために・・・
○車いす貸出事業
車いすが必要となった時に、誰でも気軽に無料で利用できるよう、市内のコミセンや自治会館などに貸出用車いすの設置及び整備を進めていきます。
○ふれあい訪問事業
地域の中で気になる方にボランティアが訪問し、お話や交流などを通じて地域の中でのつながりづくりを進めていく活動を応援していきます。
○ふれあいサロン推進事業
ひとり暮らしの高齢者、夫婦のみの高齢世帯などで、外出する機会が少なくなりがちな方々に、自治会館などの身近な場所に集っていただき、「気軽に」「無理なく」「楽しく」過ごせる居場所として、ボランティアが自主的に運営している「ミニケア・ふれあいサロン」の活動を応援していきます。
この他にも、様々な高齢の方に対する活動を支援していきます。

障がいのある方のために・・・
○障がい者ふれあい交流・レクリエーション活動の支援事業
障がいのある方々がそれぞれの親睦を深めるための交流行事などを支援していきます。
○身体障がい者相談員支援事業
障がいのある方が、身近な地域で気軽に相談できるよう設置されている、身体障がい者相談員の活動を支援していきます。
この他にも、障がいのある方に対する事業や地域とのつながりづくりなどの活動を支援していきます。

こどもたちのために・・・
○民間保育園(所)支援事業
民間保育園(所)の、設備などの整備を支援していきます。
この他にも、こどもに関連する取り組みや、気づきや啓発の機会としての福祉学習、地域とのつながりづくりなどの活動を支援していきます。

地域福祉活動の充実のために・・・
○地区社会福祉協議会活動支援事業
地区社会福祉協議会が主体となって推進する地域福祉活動(福祉啓発事業、高齢者のつどいなど)を応援していきます。
○情報発信推進事業
必要で有益な福祉の情報発信を行うため、広報紙「あかしの社会福祉」の発行(年4回発行)、社会福祉協議会活動紹介リーフレットの発行、ホームページの運営などに活用していきます。
○ボランティア養成・交流事業
ボランティア活動の新たな担い手を育成するために、ボランティア養成講座を開催していきます。また、ボランティアと地域住民との交流など様々な世代・住民との交流の機会としてボランティアフェスタを開催します。
この他にも、様々な地域での活動を支援していきます。

県内の福祉施設等のために・・・

2018年度 歳末たすけあい運動目標額と内訳

2018年度は、3,000,000円を目標に運動を進めていきますので、みなさまのご協力を、よろしくお願い申し上げます。
今年度から、赤い羽根共同募金と同時期に運動を実施していくことになりました。赤い羽根共同募金同様、みなさまのご協力を、よろしくお願い申し上げます。
<目標額の内訳>  2018年に予定している取り組みの概要です
歳末期に実施される、地域での様々な交流活動や、障がい者支援事業所の利用者と地域との交流活動などを支援していきます。
また、交通災害遺児(母子父子家庭の児童・生徒)への図書カードの配付を予定している他、地区社会福祉協議会が主体となって進める年末の友愛訪問活動などを支援していきます。

2018年度 赤い羽根共同募金公募配分事業

赤い羽根共同募金は
つながりづくりや支え合い促進の活動を応援します!!

赤い羽根共同募金からの助成金の配分を希望する事業を募集します。

【募集期間】
 2018年11月26日 〜 2018年12月26日(必着)

【対象団体】
 明石市内を活動場所とする、ボランティア団体、
 市民活動団体、地区社会福祉協議会、
 まちづくり協議会、自治会・町内会、
 福祉活動団体などで、
 赤い羽根共同募金運動に協力している団体

【対象事業】
 ※2018年4月1日から 2019年3月31日までに
  完了する事業

 A 事業に対する助成
   つながりづくりや支えあい活動に結びつく事業
   で、自団体以外に少なくとも1団体以上協力する
   団体がある事業

 B 周年・記念事業に対する助成
   団体の節目となる年に実施される講演会や
   記念事業などで、自団体・関係者以外も
   参加が可能となる事業

 C 備品購入・資機材製作に対する助成
   活動に必要となる資機材などで、自団体以外にも
   広く活用の余地がある備品などの購入及び製作

【助成金額】
 A及びB 100,000円以内
 C    200,000円以内

 ※その他、配分の目的・注意事項・対象経費等、
  詳細は「助成金配分申請の手引き」に記載して
  おりますので必ずお読みください。
  (下記よりダウンロードできます。)

申請の手引き、申請書のダウンロードはこちら
@助成金配分申請の手引き
A赤い羽根共同募金助成金配分申請書



【お問合せ】
社会福祉法人 兵庫県共同募金会
明石市共同募金委員会 事務局
(明石市社会福祉協議会 法人運営課 企画経営係内)
連絡先:〒673-0037 明石市貴崎1丁目5番13号
              明石市立総合福祉センター2階
電話 078 – 924 – 9105     FAX 078 – 924 – 9109
受付時間:月曜日 〜 金曜日  午前8時55分 〜 午後5時40分
※祝日及び年末年始を除きます

あかしのボランティア
会員募集
善意銀行
赤い羽根共同募金
助成金等のご案内
各種申請書ダウンロード
明石市地域自立支援協議会