兵庫県明石市社協。事業案内、ボランティア団体一覧、相談事業の紹介。
社会福祉法人 明石市社会福祉協議会
社会福祉法人 明石市社会福祉協議会
〒673-0037 兵庫県明石市貴崎1丁目5-13
明石市立総合福祉センター
  TEL 078-924-9105 ・ FAX 924-9109
社会福祉協議会とはQ&Aから情報を探す交通アクセスお問い合せ


赤い羽根共同募金

2020度 赤い羽根共同募金運動への
ご協力をお願いします!!

赤い羽根共同募金とは??

赤い羽根共同募金は、民間の運動として終戦直後の昭和22年(1947年)に、住民が主体となった取り組みとしてスタートしました。
当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に支援する活動としての役割を果たし、その後は、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律のもと、民間の社会福祉活動を支えるために活用されてきました。そして、赤い羽根共同募金運動開始から70年がたった今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、住民のつながりづくりを支え、やさしさ・思いやりを届ける運動として、取り組みを進めています。



赤い羽根共同募金「こども版公募配分」を実施します!!

―明石に住む子どもたちのために―

こども版公募配分事業 案内ちらし(表面)
こども版公募配分事業 案内ちらし(裏面)

明石市社会福祉協議会では、明石市内の小学校・中学校・養護学校・高等学校に通う児童・生徒の皆さんが、学校生活を豊かにするための活動や地域との方と一緒に行う行事などに対し、費用の一部を助成します。
共同募金の使いみちを考え、学校の同意のもと申請してください。

[申請できる人] 
明石市内の小学校・中学校・養護学校・高等学校に通う児童・生徒

 [配分金額] 
1校 最大50,000円
※申請額が共同募金の予算額を超えた場合は、不採択となる場合があります。

 [対象となる事業]
学校生活を豊かにするための行事、児童会・生徒会・委員会活動・クラブ活動等の活動資金、備品購入、資機材製作、周年・記念行事、子どもの育成に関わる活動 等  
※ただし、複数団体による同一事業の申請は不可とします。
(例)
・児童や生徒が主体となって行う行事やイベント(文化祭、コロナ渦で中止になった行事の代替行事 等)の諸経費や製作費
・生徒会等で企画したイベントで使用する備品や感染症対策グッズの購入
・地域の方とともに行う周年行事 
・クラブ活動において共有して使用する資機材の購入
・校内で清掃活動を行うボランティアさんへのお礼
・イベントや講演の出演料 等

「これは対象になるの?」といったご質問やアイデアがありましたら、お問合せください!

[申請の流れ]
@申請書を提出
※事業実施または備品購入等の1か月前までに提出(実施後・購入後の申請は不可)
     ↓
A決定通知書の送付と指定口座への送金(目安:申請受理から1か月後)
     ↓
B報告書類を提出(目安:対象事業完了後、1か月以内)

 

[申請書類]
@こども版公募配分事業申請書 (本会指定:様式第1号)
 こども版公募配分事業申請書様式第1号(Exel)
 ※郵送をご希望の場合は、お気軽にお問合せください。
A事業または購入する備品等について、内容や金額が分かる資料(様式自由)
 (例)企画案、案内状、見積書 等
B振込先口座 通帳の写し 
 ※個人通帳以外の口座を指定してください。送金口座がない場合は、ご相談ください

[報告書類]
申請した事業終了後、1か月以内にご提出ください。
@配分事業等実施報告書(本会指定:様式第2号) 及び ありがとうメッセージ(指定の様式は、配分決定後にお送りします。)
A記録写真
B申請事業に要した経費や領収書の写し

[申請に際してのお願い]
事業の記録写真や配分後のありがとうメッセージは、市社協広報紙等に使用させていただく場合があります。
市民の善意で集められた共同募金の使いみちを周知するため、広報活動にご理解とご協力をお願いします。

実施事業や購入備品の一部に、共同募金からの配分金が使われていることを、必ずご周知ください。
(例)お便りや案内状、広報紙等への記載、備品への印字やステッカーの添付、HPやSNSへの掲載 等
 
実施事業の見学など、職員が伺う場合があります。

 

2020年度 赤い羽根共同募金運動

2020年10月1日から2021年3月31日までを運動期間として様々な活動を進めています。

2019年度の赤い羽根共同募金への協力のお礼

2019年度の赤い羽根共同募金は、自治会・町内会を初め、民生児童委員、各職場、地域の事業所、学校などを中心に、17,645,137円の募金にご協力をいただきました。
また、歳末たすけあい募金は、自治会・町内会を中心に、2,367,916円の募金にご協力をいただきました。
このうち約75%が明石市内で取り組まれる様々な福祉活動に配分され、約25%は県内の社会福祉施設などの支援に配分されています。
みなさまのあたたかいお気持ちに感謝申し上げます。ありがとうございました。



赤い羽根共同募金配分金の使い道

2019年度にみなさまにご協力をいただきました赤い羽根共同募金の使いみちです。 2019年度赤い羽根共同募金 配分実績報告(PDFデータ)

赤い羽根共同募金運動目標額と内訳

昨年度同額の20,873,000円を目標に運動を進めています。みなさまのご協力を、よろしくお願い申し上げます。






県内の福祉施設等のために・・・

歳末たすけあい運動目標額と内訳

3,000,000円を目標に運動を進めていきます。
歳末たすけあい募金は、歳末期に実施される、地域での様々な交流活動や、障がい者支援事業所の利用者と地域との交流活動などを支援します。
また、交通災害遺児(母子父子家庭の児童・生徒)への図書カードの配付を予定している他、地区社会福祉協議会が主体となって進める年末の友愛訪問活動などを支援していきます。

オンラインでも募金を受け付けます

【お問合せ】
社会福祉法人 兵庫県共同募金会
明石市共同募金委員会 事務局(明石市社会福祉協議会)
連絡先:〒673-0037 明石市貴崎1丁目5番13号
              明石市立総合福祉センター2階
電話 078 – 924 – 9105     FAX 078 – 924 – 9109
受付時間:月曜日 〜 金曜日  午前8時55分 〜 午後5時40分
※祝日及び年末年始を除きます

あかしのボランティア
会員募集
善意銀行
赤い羽根共同募金
助成金等のご案内
各種申請書ダウンロード
明石市地域自立支援協議会