明石市ボランティアセンター(明石社会福祉協議会内)

登録グループへの助成金について

明石市社会福祉協議会ではV連に登録されたボランティアグループに対して運営費を助成しています。また長年活動されているグループに対しての周年行事やスキルアップのための研修参加費や活動に必要な資機材の助成も行っています。
地域ボランティアグループに対しては住民同士のつながりをつくるつどい活動への助成も行っています。(花見・七夕・月見・クリスマスなど)

 

サロン助成金について

明石市社会福祉協議会では自主的に運営されている市内のサロンに対して運営費の一部として助成金を交付しています。年度途中でも助成金の申請は可能です。また、サロン開設に向けた相談も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

対象となるグループ

市内の地域住民を構成員(5人以上)とし、市内地域を拠点に、ミニケアサロンもしくはふれあいサロンを運営するグループ。
※明石市もしくは、その外郭団体等から次のサロン運営助成を受ける場合は市社協からのサロン活動助成金の対象外になります。
・シニア活動応援事業補助金 
・認知症カフェ助成金
・市民活動サポート事業補助金
・こども基金助成金
・こども食堂運営助成金

対象となる活動

・身近な地域の公民館・集会所・民家の空きスペースなどを活用したもの
・地域の見守り活動のひとつとして地域住民が主体的に活動を行うもの
・参加者同士の情報交換をはじめとした交流・閉じこもり防止・生きがいづくりを目的としたもの
※ 開催回数 おおむね月1回、年10回以上
※ 参加者数 年度のべ50人以上

申請書書類について

  • PDFサロン活動助成金申請書チェックリスト
  • Wordサロン活動助成金申請書
  • PDFサロン活動助成金申請書チェックリスト(年度途中用)(143KB) 
  • Wordサロン活動助成金申請書(年度途中用)(216KB) 
  • Wordサロン活動助成金報告書(174KB)

その他助成金一覧

ボランティア・地域活動など

第11回大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金 助成金
登録機関 大阪帝塚山ロータリークラブ
内  容 2011年7月に大阪阿倍野ロータリークラブ、大阪住之江ロータリークラブ、大阪住吉ロータリークラブの3つのロータリークラブが合併して大阪帝塚山ロータリークラブが発足しました。大阪帝塚山ロータリークラブ会員は、日々、ロータリークラブを通じて社会奉仕活動を行っています。その奉仕活動の一環として、旧大阪阿倍野ロータリークラブ会員が拠出した資金で基金を設け、10年間に渡り社会奉仕活動を助成することになりました。
(この助成金は、助成後1年以内に達成される社会奉仕活動プロジェクトを応援するものです。)
詳  細 http://osaka-tezukayama-rc.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-1e3dd5.html
締め切り 令和3年4月30日(金) 厳守 ※WEB申込のみ受付
配食サービス車贈呈事業(毎日新聞大阪社会事業団)
登録機関 公益財団法人 毎日新聞大阪社会事業団
内  容 毎日新聞大阪社会事業団は、お年寄りや障害者のみなさんに食事を届けているボランティア団体、事業者に配食サービス車「毎日ふれあい号」を贈呈します
詳  細 https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/main_enterprise/internal/car/car.html
締め切り 令和3年5月14日(金) 必着
第38回(令和3年度) 「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」
(みずほ教育福祉財団)
登録機関 公益財団法人 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
内  容 少子・高齢化の進行等により、地域社会では更に豊かな人間関係が希求される状況の中、へき地教育及び特別支援教育分野での助成、並びに高齢者に係る福祉活動への助成事業を行っています。
詳  細 http://www.mizuho-ewf.or.jp/
締め切り 令和3年5月21日(金)  必着
第19回(令和3年度)「配食用小型電気自動車寄贈事業」(みずほ教育福祉財団)
登録機関 公益財団法人 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
内  容 少子・高齢化の進行等により、地域社会では更に豊かな人間関係が希求される状況の中、へき地教育及び特別支援教育分野での助成、並びに高齢者に係る福祉活動への助成事業を行っています。
詳  細 http://www.mizuho-ewf.or.jp/
締め切り 令和3年6月4日(金)  必着

法人団体様向け

現在法人団体様向けの助成金はありません